養生薬湯が効果なしの入浴剤に待ったをかける!

入浴剤というとバスロマンやバスクリン、バブなどの商品を思い浮かべますが、CMなどを観て「本当に効果があるのかなー」と疑問に感じることがあるかもしれません。

 

実際には有効成分が働いて効果的だとされていますが、実際に入ってみると普段の湯を張っただけのお風呂と入浴剤を入れただけのお風呂との違いがわからないというのが正直なところではないでしょうか。

 

それが一般的な入浴剤のイメージと言われています。

 

けれども、その入浴剤に効果なしのイメージを覆してくれる商品が養生薬湯。

 

 

養生薬湯は生薬100%の入浴剤で、漢方の製薬会社である再春館製薬所から発売されている入浴剤となっています。

 

漢方の製薬会社が独自に開発をした薬湯となっているので、気休めではなく本格的な癒しを体験することが期待できるのですね。

 

薬湯と言えば、温泉に行かなければ味わうことができないものですが、それを自宅のお風呂で体験することができるので、養生薬湯が本格的な癒しを味わえるというのはよくわかるのではないでしょうか。

 

日本では医療が発達していない時代から温泉地に長期滞在をして病気の治療を行う「湯治」や薬草などをお湯に入れた「薬の湯」で入浴効果を高めてきた歴史があります。

 

夏目漱石が修善寺温泉で療養していたなど文豪たちが身体を労わるために温泉で治療していたという話は有名ですよね。

 

 

このように温泉には身体を癒す効果が期待されています。

 

そういった温泉でしか体験できなかった効果を養生薬湯の入浴剤を使用することで、自宅で気軽に味わえるわけですから、店舗販売されていて市販されている入浴剤とは違った本格的な入浴剤ということが言えるのですよ。

 

 

もちろん温泉施設とは違って入浴剤となっているので、有効成分の効果が働くのは永遠ではなく、一晩経ってしまえば成分がなくなってしまうので、お湯を変えるたびに養生薬湯が必要にはなってきますが、それでも自宅のお風呂で療養できると考えるのならとても価値が高いものではないでしょうか。

 

近くに温泉があれば別ですが、遠ければ行くだけでも大変ですし、忙しくて時間が取れないという場合は近くにあっても行くことができないということもあります。

 

でも、養生薬湯なら自宅で温泉に行ったような癒しを体験することができますし、漢方の効果で身体の不調を軽減することが目指せます。

 

入浴することはそれだけでもリラックスできますが、さらに質の高い入浴になれば疲れもとれて睡眠の質も高くなっていき、活動的な日々を過ごすことができますから、養生薬湯という本格的な入浴剤を一度試してみて、違いを体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

>>養生薬湯で本格的な入浴剤を体験してみる! 養生薬湯公式サイト

TOPへ