入浴剤の残り湯を洗濯に使えるの?

「入浴剤を使ったお風呂の残り湯をそのまま流してしまうのはもったいない!」…なんて思ったりしませんか?

 

お風呂のお水は大量にありますし、それを洗濯にも活用できるのならかなりの節約になりますし、可能なら上手に活用したいですよね。

 

でも、入浴剤を使ったお風呂の残り湯を洗濯に使うと、色落ちしたり、ニオイがうつってしまったり、気になるところが多いのも事実。

 

入浴剤の種類によっては残り湯を洗濯に使うのをおすすめしていないものもありますが、養生薬湯の場合はどうなのでしょうか。

 

 

この点に関して公式サイトで確認してみたところ、『養生薬湯の残り湯は洗濯に使用できる』と記載されてありました。

 

なので、使用することは可能ですよ。

 

けれども、使用することはできるが注意点もあるということなのでその点もしっかり確認しておきましょう。

養生薬湯の残り湯を使用するときの注意点

養生薬湯の残り湯を洗濯に使うときの注意点ですが、有効成分がお湯に浸透しているので『すすぎの際には使わない』ということが言われています。

 

すすぎの時には必ず清水を使用するようにとの注意喚起がされていますので、この点は守るようにしましょう。

 

 

また、『柔軟剤と併用』『おろしたての衣料』『つけおき』をする場合はニオイや色がつく可能性があるので注意してくださいということも言われていました。

 

養生薬湯の香りは好みが分かれますからニオイに敏感な人はもしかしたら使わない方がいいかもしれませんね。

 

簡単にまとめるなら、『養生薬湯の入浴剤を使った残り湯は洗濯に使うことはできるけれども、使うときには注意点があるから気を付けてね』といったところでしょうか。

 

柔軟剤と併用したときに本来のニオイよりも良くなるのか悪くなるのかは相性的なところもあると思うので、一度試してみてどんな仕上がりになるかを確認してみるのがいいですね。

 

特に問題がなければそのまま洗濯水として使った方が絶対にお得ですから、まずは試してみるのがいいかもしれません。

 

 

ちなみに、お風呂の残り湯の使い道に関してですが、洗濯に利用するという方が多いですが、他にも使い道はありますよ。

 

例えば、ガーデニングや水撒き、車やバイクの洗車、トイレ掃除など人ではなくモノをキレイにするときなどに活用することができます。

 

洗濯に使うのに抵抗がある場合はこういったモノに活用してみるのもいいかもしれません。

 

 

>>養生薬湯の詳細は公式サイトで! 養生薬湯公式サイト

TOPへ